保育施設の種類
幼稚園類似施設

「幼稚園」に類似する幼児教育を実施する施設であり、国の認可を受けていない施設です。
保育機能を強く持つ施設が「認可外保育施設の届け出」を出している場合や、「認定こども園の地方裁量型」への移行をした施設もあり、都道府県、市区町村により扱いが大きく異なります。

認可基準にない(モンテッソーリなど)特定の教育方法を採択することで独自の教育方針を打ち出している施設が多くあります。明確に「幼稚園類似施設」だと分類する基準が存在せず、長年の運営によって地域や自治体に受け入れられている場合に分類されていることが多いです。


幼稚園類似施設だと分類され、かつ特定の要件を満たした施設に関して、2021年4月より「(3歳以上児の)幼児教育無償化」の対象施設となりました。(詳しくは該当の施設にお問い合わせください)


施設により対象利用者が公表されています。該当していれば施設に直接申し込みます。
月額固定性が多数ですが、延長保育料金などを設定している場合もあります。